第6回「祖父母と行きたいおすすめ国内旅行先」


鎌倉切通し

最近あなたは運動をしていますか?色んな方面から「うーん・・・」という悩んだ声が聞こえてきそう。平日は会社、休日は車移動を行っていると運動する隙間がありませんよね。激しい運動をする必要はありませんが、適度なウォーキングならそこまで疲れず健康維持に、また祖父母にとっては老年病の予防や、生活習慣病の改善にも役立つと言われています。今週末は久しぶりに祖父母を連れて、鎌倉へウォーキングしに行きませんか?しかし歩くだけでは勿体ないので、鎌倉を代表する風景の一つ「切通し」の見学に行きましょう!

「レベル別!鎌倉切通し見学プラン」

切通しというのは、鎌倉が他の街との交易や移動を可能とするため開かれた道のこと。元々鎌倉という土地に幕府が置かれたのは、その地が山と海に囲まれ、軍事的に優れた土地とされたからでした。しかし人の往来無しに幕府を維持していくのは不可能。そのため最低限度の切通しが作られたのです。切通しは現在7つありますが、今回はそのうち3つを紹介します。山を削って造られたため、迫力のある岩肌と昔の面影を残す雰囲気は、今でも古来の方達の足音が聞こえてきそうです。

1、 お散歩気分で!「亀ヶ谷切通し」:レベル★

JR鎌倉駅から歩いて約15分のところにある切通し。JR鎌倉駅裏口から寿福寺の方に歩いて線路に沿っていくと、途中北鎌倉の方に向かうことができる亀ヶ谷坂があります。是非、北鎌倉や寿福寺の観光の途中に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。こちらの名前の由来は、建長寺にいる亀がこの坂を上ったけれど登りきることができず、引き返したという話が元になっているようですよ。その話が伝えるように、こちらの道は舗装がしてありますが、とても急勾配。ゆっくり休み休み行きましょうね。

2、 少し遠出を!「大仏坂切通し」:レベル★★

こちらは江ノ電長谷駅から歩くと徒歩20分ほど。ただ途中に高徳院があるので、そのついでに向かっても楽しいかもしれません。もし近くまでバスで行くなら、「火の見下」まで向かってください。藤沢の方に通じる道で、昔は幕府の重要な防御の拠点であったようです。晴れた日でも少し木の影が落ち、大変雰囲気のある道ですよ。こちらの切通しの入り口は家と家の間にあり、少し分かりにくくなっているので、行く前には事前チェックをしっかりと。

3、 気分は鎌倉時代の商人!「朝比奈切通し(あさいなきりとおし)」:レベル★★★

こちらへ行くには、最初JR鎌倉駅からバスに乗って「十二所神社」というところまで乗りましょう。そこからは徒歩15分ほどで辿り着きます。少し鎌倉の中心部からは離れていますが、国の史跡にも登録され切通しの中では一番昔の面影を残す道。別名「塩の道」とも呼ばれ、古来は商人が行きかっていたところです。道の途中には神社があり、辺りは神秘的な雰囲気が立ち込めています。最後は横浜市の金沢区に出るので、帰りはバスで金沢八景駅まで向かうのがよいでしょう。

概要のみ示しましたが、切通しに向かう際地図は必須です!また熱中症対策に飲み物もしっかり確保しておきましょうね。地図はあらかじめ用意しておくか、JR鎌倉駅西口を出て、すぐ右の建物に観光案内所があるのでそちらで地図を貰っていきましょう。無理をせずにのんびり向かいましょうね。


この記事を書いた専門家

桂 由子
いきいきLIFEライター
ikikilife

奈良大学文学部文化財学科保存科学卒。卒業後4社と契約し、フリーランスへ。他の執筆については、介護施設や女性のライフスタイル、スマートフォンの広告文章など多数。今年で80になる祖父母を持ち、介護に関する情報を日々収集中。

関連記事

↑ ページの先頭へ