祖父母との旅行に利用したい2「トラベルヘルパー」


前回「高齢者向けツアー」を紹介しましたが、他にも高齢者の旅行をサポートする「トラベルヘルパー」についてはご存知でしょうか?
あまり聞きなれない言葉なので、まだ知らないと言う方も多いかもしれません。
2006年にNPOとして日本トラベルヘルパー協会が発足され、今までにない新しい取り組みとして注目を集めている業界です。
介護サービスをあなたの代わりに行ってくれるため、安心して任せることができますよ。
今回は祖父母もあなたもゆとりを持って旅行ができる「トラベルヘルパー」について紹介します。

トラベルヘルパーって?

通称「外出支援専門員」と呼ばれ、旅行知識と介護知識を兼ねそろえたヘルパーのこと。ヘルパーは数時間から気軽にお願いできるので、旅行だけではなく日頃の買い物やお出かけにも対応してくれます。中には季節によって、墓参りやお孫さんの運動会の見学で利用される方もいらっしゃるようですよ。介護サービスに関しては目的地までの移動介助はもちろん、要介護度が高い方には食事や排泄、入浴の介助も行ってくれます。

プランはどうやって決めるの?

旅行会社のツアーとは違って申し込む側がプランを予めだいたい決めておき、最初にそのプランをヘルパーに相談。そしてヘルパーと話し合いの後、旅行日程の作成と見積もりを行ってくれます。そしてその見積もりに納得した場合は契約成立。あとは旅行当日までにヘルパーとの打ち合わせや挨拶が入り、当日を迎えるという流れになっています。あなたが1から10まで好きなように旅程を組むこともできますし、ヘルパーの知見を細かく聞きながら決めることも可能。あなた次第で祖父母の旅行の楽しさは無限大です。

どこに申し込めば良いの?

トラベルヘルパーと検索すると様々な会社が出てきますが、お勧めはトラベルヘルパーのパイオニア「あ・える倶楽部」。こちらの会社は、介護旅行の取り組みを開始してすでに20年。2013年には400件を超える高齢者の旅行を手掛けており、様々なニーズに答えてくれると高い支持を受けています。重度要介護の方のプランも手掛けており、幅広い症状の方も旅行を実現させることが可能。おでかけから個人の旅行、そしてグループ旅行まであなたの都合に合わせてプランを作成してくれます。料金は状況によって異なりますが、軽度要介護の方だと1時間3,640~で受付を行っています。

「あ・える倶楽部」
 http://www.aelclub.com/

トラベルヘルパーは今まで旅行を諦めていた方とって、新しい道を開くキーパーソンになるかもしれません。新しい旅行の形として一度検討してみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた専門家

桂 由子
いきいきLIFEライター
ikikilife

奈良大学文学部文化財学科保存科学卒。卒業後4社と契約し、フリーランスへ。他の執筆については、介護施設や女性のライフスタイル、スマートフォンの広告文章など多数。今年で80になる祖父母を持ち、介護に関する情報を日々収集中。

関連記事

↑ ページの先頭へ