祖父母との旅行に利用したい「高齢者向けツアー」


高齢者向けツアー

祖父母と旅行をしたいけれどその準備が面倒、または時には祖父母と一緒に自分もゆっくりしたいと考えているあなた。
たまには肩の荷を下ろして、旅行会社が主催しているツアーに参加してみませんか?
最近の旅行会社は高齢者の方でも落ち着いて参加できるツアーが用意されており、内容は会社によって千差万別。
通常のツアーよりも少し値段は高くなってしまいますが、一般のツアーにはない高齢者向けの配慮がされているので祖父母も安心して旅行ができることでしょう。
是非あなたと祖父母にあったツアーを見つけてみてください。
今回は日本の大手旅行会社である「JTB」と「HIS」を紹介します。

JTB

JTBが高齢者向けに用意しているタイトルは、国内旅行を扱う「夢の休日」と海外旅行を扱う「旅彩彩」の2つ。
どちらも高齢者向けのゆとりのプランの企画がされていますが、「夢の休日」はさらに4つのシリーズが用意されており、祖父母の希望や体調によって使い分けることが可能です。荷物の配送サービスやJRの移動はグリーン車の利用、そして国内旅行の保険付きは全ツアーに共通。さらに「夢の休日」シリーズの中には特に食事にこだわるものや、70歳以上の方にお勧め当日の出発時刻やお手洗い、歩く距離などを細かく配慮したものも用意されています。
「旅彩彩」にシリーズはありませんが、嬉しい直行便の利用や好立地ホテルの選定の配慮、イヤホンツアーを用意して身体的な不安を取り除いて旅行ができるようになっています。またJTBは、人工透析の方のための海外ツアーにも力を入れているので、該当する方はそちらもチェックしてみて下さいね。

「JTBユニバーサルツーリズム」
【JTB】バリアフリーのお宿特集

HISバリアフリートラベル

HISでは会員制で「旅なかま」という高齢者向けツアーが用意されています。「旅なかま」には5つのタイトルがあり、国内や海外旅行の他に少し珍しいお遍路やホノルルマラソンが用意されています。また移動はほぼバスが良いという方は、通常の「旅なかま」ではなく「旅なかまバス」の方を利用しましょう。
高齢者向けの配慮に関しては、国内や海外ツアー共にゆとりを持たせて企画されており、スピードが遅い方に合わせて移動やお手洗いを行っていきます。しかしJTBのようにツアーに全てに共通したサービスはなく、ツアー毎にサービスを確認して申し込む必要があるようです。
ただその分費用に関しては全体的にHISの方が安めに設定されているため、JTBのプランはちょっと高すぎる・・・という方にはお勧めですよ。

「HISバリアフリートラベル」
 http://www.his-barrierfree.com/






この記事を書いた専門家

桂 由子
いきいきLIFEライター
ikikilife

奈良大学文学部文化財学科保存科学卒。卒業後4社と契約し、フリーランスへ。他の執筆については、介護施設や女性のライフスタイル、スマートフォンの広告文章など多数。今年で80になる祖父母を持ち、介護に関する情報を日々収集中。

関連記事

↑ ページの先頭へ