60歳からはじめるヨガ


ヨガ

ヨガのススメ!!

ヨガはインド発祥の体操です。エアロビクスや水泳と違って、どんな服でもできますし、激しい運動ではないので、60歳からでも充分始められます。ヨガだけの教室もありますし、スポーツジムにはたいていは講座があります。スポーツジムだと、ほかの筋トレやピラティス、太極拳などいろんな講座が受けられるのがメリットです。最近ではホットヨガとか、アクティビティなヨガなのもあります。一般的なヨガが一番運動量も少なく楽だと思います。

ヨガのやり方

 暗い室内で、時にはアロマの香りをかぎながらゆっくりとした動きをしていきます。呼吸もゆっくりとなるので、深呼吸の効果で、心がゆったりとしてきます。長年やっている人は体が柔らかく、先生と同じポーズができますが、初心者は同じポーズができなくても当たり前です。柔軟性を競うのではないので、自分の体の声を聞いて、すこし痛気持ちいいところで止めます。回数が進むにつれてだんだん体も柔らかくなります。だいたい30分~45分ぐらいで、最後に仰向に寝て先生の「吸って~、吐いて~」という声に合わせて腹式呼吸していると、眠くなってほんとに寝てしまう人もいます。そのぐらい、ヨガはリラックスできて、心身共に爽やかになりずっと悩んでいたことも、どうでもよくなったりします。きっと幸せホルモンと呼ばれるセロトニンがたくさん出ているのでしょう。
 激しいエアロビクスやジョギングは汗もかき、運動量も多いですが、その後の疲労感が大きく、お腹がすいて食べ過ぎたりします。ゆっくりとした運動だと、筋肉痛もありませんし、疲労感よりは、疲労が回復する感じでとてもよいと思います。

ヨガのメリット

 簡単な動作なので、覚ええれば、家で朝起きた時にいくつかのポーズをすると、ストレッチにもなり、体も起きてくるし、一日体調が良くなります。逆に、朝しない日は足腰が痛かったりします。けっこう腰をひねったりするポーズが多いので、体が自然としまっていき、気がついたら体重も減っていたりします。
 仕事をしていても、していなくても世の中はストレスだらけです。仕事の人間関係やノルマに悩み、主婦になると、ママ友の人間関係や夫婦関係、子育てに悩みます。子どもが大きくなれば、子どもの結婚や仕事、孫の世話と悩みはつきません。家族と離れ、自分ひとりの時間を1週間に1回でも持つだけで、ストレス解消になります。

交流

同じ教室の人と話せば、今までにない刺激をうけることもあります。いつも同じ人と同じ生活をしているよりも、違う人と会話することで脳も活性化されます。近所ではなく少し離れた教室の方が、ご近所の聞きたくないような噂話を聞くことがなく、自分の事を話してもお互い家が遠いので、気兼ねせずに話せます。

1日じっとりと汗をかいて、ストレスも一緒に流していけば、次の日からまた同じ日常でも楽しくなってきます。70歳でも80歳でも続けられますので、ぜひ体験してみましょう。大抵のところでは1日体験コースがあるので、いろんなところで体験して決めてもいいです。

関連記事

↑ ページの先頭へ