知っておきたいお葬式のマナー


お葬式のマナー

お葬式マナーで大事なのは服装です。
基本的には「喪服」となりますが、色々と決め事も多い服装です。失礼のない服装を心がけましょう。
喪服には正式と略式の2種類があります。
正式は、モーニング・和装など。基本的に親族が着用します。
略式は、ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれ、参列する側が着用します。
ここでは略式の喪服について解説します。

男性であれば、ブラックスーツとなります。ダブル、シングル、三つぞろいのいずれでも構いません。シャツは白、ネクタイは黒無地、ベルトや靴下も黒にします。靴もやはり黒で、金具のないシンプルなものを履くようにしましょう。
時計やネクタイピンはつけないようにしましょう。カフスボタンは必要であれば、黒石にします。

女性は黒のワンピースが一般的ですが、アンサンブルやスーツでも問題ありません。肌を見せないのが原則ですので、夏場であっても袖があるほうが望ましいです。丈も膝が隠れる程度に。ストッキングと靴は黒にしましょう。
アクセサリーはつけない方が好ましいですが、結婚指輪はこの限りではありません。よくパールのネックレスを目にすることも多いですが、必ず一連のものにします。二連や三連のものは不幸が重なるという意味になってしまうので絶対にやめましょう。
髪が長いのであれば、すっきりとまとめるようにしましょう。髪飾りはつけない方が良いですが、つやのない黒のリボン、バレッタであれば失礼にはなりません。化粧もシンプルに、マニキュアはNGです。
バッグももちろん黒色のものを。革やファー素材は殺生を意味するので避けましょう。

子どもの服装は、学生であれば制服を着用します。制服がない場合は、黒のブレザー、ワンピースなどで構いません。地味な色を心がけましょう。
赤ちゃんの場合は、なかなか黒の服装は持っていないことが多いと思いますので、白でも大丈夫です。できるだけモノトーン系の服装か、薄めの色合いの服装を選んでください。

他にもお葬式マナーとして、小物類にも気を配りましょう。
ふくさの色は紫、藍、グレーのものにします。
手袋は黒で布製のものにしましょう。革製は殺生を想像させるのでNGとなります。また、焼香の時には外しましょう。
ハンカチは白か黒の無地のものを。色物は避けましょう。
天候が悪いときには傘を持っていくこともあると思いますが、こちらも黒や紺など、地味な色あいのものが好ましいです。

ちなみに、これら喪服は葬儀・告別式での服装となります。
仮通夜は無くなった直後に行われるため、喪服を着ていくと準備していたようになり、かえって失礼に当たります。仮通夜には地味な平服で行くようにしましょう。
通夜の場合は、急でない限りであれば喪服を着て行っても大丈夫です。

以上が喪服のマナーとなります。
しかし、お葬式マナーは宗派や地域によっても異なる部分があります。
服装を完璧にしても、香典や焼香の仕方で間違いがあっては故人や親族に対して失礼になってしまいます。
こういったことは話題にし辛いものではありますが、前もって両親や親戚に確認しておくようにしましょう。

関連記事

↑ ページの先頭へ