最大で200万円! 医療費控除を活用しましょう。


最大で200万円! 医療費控除を活用しましょう。

年が明け、確定申告を行う季節となりました。
対象となる方は毎年2月16日〜3月15日の期間に行う決まりですので、忘れずに行ってください。

確定申告をしなければならない人は主に個人事業主、年収が2,000万円以上のサラリーマン、副業から一定以上の収入があるサラリーマンと覚えておけば問題ないかと思います。
ちなみに公的年金の受給額が400万円を超える、あるいは400万円に満たない場合でも年金収入以外に20万円以上の所得があるシニア世代も対象となりますのでご留意ください。

さて、確定申告をすると様々な控除を受けられる可能性があります。
具体的にどんな控除があるのか、確定申告の対象者同様、詳しくは私にお問い合わせくださればと思いますが、ここでは医療費控除について簡単にお知らせしたいと思います。医療費控除とは「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に一定の金額の所得控除(国税庁HPより)」の事を指します。控除できる金額の上限は200万円、自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間10万円(総所得金額等*が200万円未満の人は「総所得金額等×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
具体的に何が控除対象で、何が控除対象でないのか、代表的なところを以下にまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

医療費控除の対象となる医療費

⚫︎医師、歯科医師に支払った診療、治療費
⚫︎治療に必要な医薬品の購入代金
⚫︎治療のためのあんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術費用
(疲れをとる、体調を整える等、治療に直接関係ないものは✖️)
⚫︎医師の往診費
⚫︎妊娠中の定期健診、検査の費用
⚫︎医師による不妊治療の費用
⚫︎出産時の入退院のタクシー代
⚫︎通院のための電車、バス代
⚫︎子供が通院する際の付き添い人の交通費
⚫︎病気が発見された場合の人間ドック料金
(引き続き治療を受ける場合)
⚫︎薬局・薬店で購入した胃腸薬、風邪薬、ばんそうこう等の費用
⚫︎白内障、緑内障治療のためのメガネ
⚫︎子供のメガネ(医師の処方箋が必要)
⚫︎金歯、ポーセレンを使った治療費
⚫︎子供の歯列矯正費用
⚫︎インプラント治療の費用
⚫︎扶養家族ではない配偶者のために支払った医療費
(生計を一にする配偶者)

医療費控除の対象になりそうでならない医療費

⚫︎予防注射の費用
⚫︎診断書の作成費用
⚫︎通院のためのタクシー代
(電車、バスが使えないときは◯)
⚫︎通院のための自家用車のガソリン代、駐車料金
⚫︎人間ドックの料金
⚫︎近視、老眼のメガネ
⚫︎美容のための歯列矯正費用
⚫︎マッサージ機などの健康用具

(上記は一例です。)

その他知っておきたいポイントとして、
医療費控除は過去5年まで遡って申告できること、
家族の中で1番収入が多い人が申告した方がおトクなこと、
この2点を挙げておきますね。

*総所得金額等
純損失、雑損失、その他各種損失の繰越控除後の総所得金額、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、上場株式譲渡に係る配当所得の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額及び退職所得金額の合計額を言います。


お仕事の話はこれくらいにして。

今巷ではペットボトルに入った水素水が流行っていますね。
ジム、スポーツクラブはもちろん、最近では自販機や薬局でも売られているので、
もう試された方も多いのではないでしょうか?
謳われている効能としては、体内の活性酸素を除去することによる疲労回復、老化防止、生活習慣病の改善等が代表的なところで、水素の効果は日本だけでなく世界中で注目されているようです。

しかし。
私にはとある疑念がありました。

…たしか水素は原子の中で一番構造が単純で、最も軽い原子のはず。
さらに単原子では酸素以上に活性度が高く、他の物質と容易に結合する性質がある。
ならばペットボトルの蓋をプシュっと開けた瞬間に、ボトル内に充填されているであろう水素は一瞬にして大気中に飛び出してしまうのではないか?もしそうだとしたら、結局ただの水を飲んでいるのと同じことなのではないか?

というものです。

そんな中、私は水素水を飲むのではなく、鼻から直接水素を”吸入”する装置をインターネットで発見しました。実際都内では、エステや接骨院等での導入実績があるようなので、今度試してみようと思っています。

みなさんもお試しになってみてはいかがでしょうか?


この記事を書いた専門家

山本 弘樹
三井生命保険株式会社 ファイナンシャル・アドバイザー
山本 弘樹

カテゴリー:お金

大学で哲学を学んだ後に某メーカー勤務。その後有料老人ホームの管理者を務めた後、三井生命保険株式会社に入社。現在に至る。充実したセカンドライフに向けた資産形成をメインテーマに活動を続けている。

関連記事

↑ ページの先頭へ