証券口座は対面証券とネット証券 両方持とう!


これから株や債券など資産運用を始める方におすすめしたいのが、証券口座を対面証券会社(野村証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券)とネット証券(SBI証券や楽天証券)口座、両方での口座開設です。
対面証券口座とネット証券ではそれぞれが持つ特徴が異なってきます。そのため、双方で口座を保有した方が、今後取引をしていく上でも非常に有利になってきます。

対面証券会社のメリット
・圧倒的な商品ラインナップ
・IPOの主幹事
・担当者による情報提供

対面証券会社のメリットは取り扱い商品の量と、IPOの当選確率、情報提供の3つが最大のメリットと言えます。
先ず取り扱い商品ですが、対面証券会社はほとんどの商品を扱えるといっても過言ではありません。また一時話題となったトヨタの種類株(AA型種類株)は物議を醸しましたが、投資家から圧倒的な人気となりました。これを買えたのは開発した野村証券で口座を持つ人だけです。
またIPOの主幹事は、ほぼ対面証券会社が担います。参考までに直近IPO銘柄の主幹事証券を紹介します。

株式会社 野村
エスユーエス 野村
トランザス いちよし
シェアリングテクノロジー 大和
ジェイ・エス・ビー 三菱UFJ
クロスフォー みずほ
ユニフォームネクスト 野村
ソウルドアウト 三菱UFJ
SYSホールディングス 東海東京
ツナグ・ソリューションズ 野村
GameWith 大和
Fringe81 野村

さらにこういったIPOや種類株などの新しい商品情報やマーケット情報を提供してくれるのが担当営業マンなのです。

では逆にデメリットを挙げます。

手数料が高い

手数料が高いというのは取引する上でかなりマイナスとなってしまいます。そもそも資産運用の目的は資産を増やすことであって、減らすことではありません。手数料が高ければ高いほどマイナスからのスタートとなり、プラスに持っていくまでが大変です。

では今度はネット証券のメリットを挙げます

手数料が断然安い

これは取引をする上で大きなメリットとなります。例えば松井証券は10万円以下の約定は手数料が無料です。つまり税引き前で考えれば1,000円の利益はそのまま1,000円の利益となりますが、これを対面の証券会社で行った場合は手数料をカバーできないためマイナスです。

ネット証券のデメリットは

情報を自分で収集する必要がある
IPOの主幹事はまずないため当選確率が低い

ネット証券はサポートもありますが、基本的には自分で取引ツールを調べ自分で主体的に取引を行っていく必要があります。もちろん最近はコンテンツも充実してきていますが、情報収集等も自分で行わなければなりません。
またIPOも割当が少ないため、当選確率は低めです。対面証券会社であれば、付き合いの過程で人気のIPOを獲得できだりしますが、ネット証券会社ではそういった事は一切期待できません。

以上を踏まえて、主な取引はネット証券で行い、手数料が一律な取引を対面証券といった形で使い分けするのが理想的です。

対面証券会社の口座を開設する際は必ず営業担当から口座を開設してください。
ネットから開設するとほぼほぼ担当が付きません。また選べるのであれば、優秀な新人の方が良いでしょう。先ず優秀な人間でなければ良い情報を提供してくれません。また逆に優秀な新人以外だと、優良顧客の対応を優先するため、優秀で顧客数の少ない新人の方が親身になってくれます。

ただ情報を得るかわりにメリットも提供してあげてください。できれば取引を増やすのが一番いいですが株取引の場合手数料が高いので、そこがネックです。よって顧客候補を紹介してあげたり、新人が成長できるような環境を少なからず作ってあげれば向こうも親身になってくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

↑ ページの先頭へ