人生を楽しむための資産形成方法


定期預金、積立では現在の金利ではほとんどお金は増えません。しかし株や不動産はリスクが高いし面倒、そんな人におすすめしたいのがDCを活用した資産形成です。

DCとは自分で運用する自分年金です。自分で運用商品を選び、毎月の掛け金を選び、年金が受け取れる年齢になった際に一括か分割で受け取れます。

何より特徴は

1)掛金が全額所得控除の対象
確定拠出年金(iDeco)は掛金全額が所得控除の対象となります。自営業者は月68,000円、年間816,000円まで掛金を拠出でき、会社員は月23,000円、年間276,000円まで掛金を拠出でき、所得税は年末調整で還付が受けられます。

2)運用益は非課税
例えば株で運用益を得た場合、NISA口座でない限りは得た利益い対し源泉分離課税(20.315%)が徴収されます。しかし確定拠出年金の場合は運用益が非課税となるので、利益をそのまま受け取れます。

3)受取時も税務上のメリットがある
受取時は年金または一時金として受け取りますが、年金で受け取る場合、他の公的年金と合算し、公的年金等控除が受けられます。また一時金で受け取る場合、退職金などと合算し、退職所得控除が受けられます。

4)証券会社の競争激化で全体の手数料が下がっている
私はSBI証券で確定拠出年金を運用していますが、加入当時は50万円まで口座維持手数料が徴収されていました。しかし、昨今の確定拠出年金の獲得競争により一部証券会社では実質無料で運用が行えます。(国民年金基金連合会への手数料は発生します。)

5)60歳まで引き出せないので強制積立の側面も・・
確定拠出年金(iDeco)は、加入者死亡等を除き60歳まで受取が行えません。よって意思の弱い方でも引き出すことが一切できないため、強制的に資産が形成されていくのです。且つて私も積立預金をしてましたが、お金がちょっと足りなくなると積立を解約して度々資産がリセットされてました。そういうことが一切できないのが確定拠出年金(iDeco)の特徴です。

運用商品は投資信託か預金性商品
確定拠出年金(iDeco)で選べる運用商品は投資信託か預金性商品のみになります。
取り扱い商品は証券会社によって異なります。リスクをとってリターンを狙いたい方は、株式を組み入れた投資信託、リスクを取りたくない人は預金性商品、さらに配分も自由に選べるため、投資信託と預金性商品を組み合わせたバランス投資をすることもできます。

証券会社の選び方

確定拠出年金(iDeco)口座を開設するのは銀行や証券会社になります。選び方のポイントは手数料と取り扱い商品で決めましょう。ネット証券会社であれば手数料が安いです。逆に銀行や対面証券会社は手数料が割高な傾向にあります。

私自身はSBI証券で確定拠出年金(iDeco)を運用しています。
SBI証券にした理由は何より手数料が安いのと好きな投資信託(ひふみ年金とSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ)を扱っていたため、一切迷いなくSBI証券にしました。

 

私の運用方法

私個人としては、リスク資産が大好きです。具体的には今後の成長が期待できる中小企業の株式や高シェアながら知名度が低く株価が割安な企業を発掘し集中投資していくスタイルです。私の投資方針に近い運用を行っているのがひふみ年金とSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブで、現在拠出資金の80%を上記で運用しています。残り20%は国内のリスクヘッジの意味合いで手数料の安いDCニッセイ外国株式インデックスと今後も安定した経済成長が見込めると思われる米国に投資する意味で農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドを購入しています。

人生を楽しむための資産形成方法

さらに運用益を高めたいという方におすすめなのが本多静六式の投資方がおすすめです。本多静六は普段は現金を積み上げておき、リーマンショックや外部要因で株価が一気に下がった際に買い漁る方法です。外部要因で株価が下がった場合、企業の価値より株価が下がります。つまり1,000円の商品券が800円や場合によっては500円程度で売られているのと同じ状況になるわけです。
ただし、この投資法も常にマーケットの動きを注視しておく必要があります。また投資商品によっては株価の戻りにも差ができるため、分別も必要になります。

 

商品選びの注意点

投資信託は大きくプラスになる可能性もあればマイナスになる可能性もあります。
逆に預金性商品はほぼ増えないかわりに減ることもありません。
よって自分の運用期間やリスク許容度を踏まえて商品を選びましょう。また投資信託は商品ごとに信託報酬が異なります。信託報酬が高くとも結果が伴えば問題ありませんが、結果が伴わないのに信託報酬が高いとその分マイナスになってしまう可能性もあります。どの商品を選んだらいいかわからない方は、信託報酬の安いインデックス型の商品を選びましょう。

 

確定拠出年金(iDeco)を利用しないだけで損している

如何でしょうか。
確定拠出年金(iDeco)は60歳まで引き出せない点を除きメリットだらけの資産形成方法です。
投資は怖いという方も預金性商品を利用するだけでも掛金が全額所得控除となり利息も非課税となるため、言い換えれば所得税が安くなる定期預金という見方もできるのです。

毎月そんなに拠出できない!という方も月5,000円でも1万円からでもいいので始めてみてください。仮に毎月1万を30年間3%で運用できたとしたら、30年後には360万円の元金が複利効果で578万円まで増えるのです。

この記事を書いた専門家

kana
投資家

カテゴリー:お金

マネー情報と旅行が大好きな個人投資家。株に関する情報以外にもクレジットカードやポイント・マイルに関する情報を発信している。

関連記事

↑ ページの先頭へ