ブラックカードとプラチナカードの違い


最近ではカード会社も年会費収入が馬鹿にできなくなり、プレミアムカードの発行を増やしている傾向にあります。そもそもプラチナカードとブラックカードという線引きが曖昧であり、先ずその違いから説明していきましょう。

カードは主に4種類に分けられます。

プロパーカード
ゴールドカード
プラチナカード
ブラックカード

例えばVISAの以下の通りに分けています。

クラシックカード(プロパーカード)
ゴールドカード(ゴールドカード)
プラチナカード(プラチナカード)
Infiniteカード(ブラックカード)

マスターカードは以下の通りに分けています。

スタンダード(プロパーカード)
ゴールド(ゴールドカード)
プラチナ、チタン(プラチナカード)
ワールド、ワールドエリート(ブラックカード)

VISAのプラチナであれば

三井住友VISAプラチナカード

PRESTIA Visa PLATINUM CARD

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード

MileagePlusセゾンプラチナカード

上記以外にもさまざまなVISAプラチナカードが存在しますが、逆にInfiniteカードとなると

スルガ Visa Infinite

上記のカードしか知られていません。

そもそもプラチナカードは、所定条件を満たせば誰でも申し込めますが、ブラックカードに関しては所定条件も申込方法も明示されておらず、基本的には招待制です。
よってカードの特典を抜きにブラックカードとプラチナカードの違いを挙げるとすれば、やはり自分で申し込めるか招待制の違いになるかと思います。

しかし楽天ブラックカードは名称こそブラックカードですが、実質的なプラチナカードになります。しかし楽天ブラックカードは招待制となっており(厳密には申込もできる)一括りにブラックカードとプラチナカードの違い伝えられない昨今のクレジットカード市場となっています。

↑ ページの先頭へ