まだ知らなかったの?コンビニや書店で最大5.3%得する方法


資産形成の一番の近道は“買い物をしないこと”に尽きます。

特に割高なコンビニでの買い物は控えたいところですが、近くて便利なコンビニって結構使っちゃいますよね。最近はコンビニコーヒーも安くて美味しかったり、コンビニに行かない日はないって人も多いのでしょうか。

しかし、コンビニの支払いでいつも通り現金で払っちゃってませんか?その時点で損してますよ。「毎回ポイントもらってるよ」「カードで払ってポイントもらってる」って人もまだまだ詰めが甘いです。もっとお得にコンビニで買い物する方法があるのです。

コンビニや書店で最大5.3%得する方法

先に答えを教えちゃうとクオカードを使った買い物方法です。
金券ショップでクオカードを買うんでしょ?って思われた方、金券ショップでクオカードを買っても1~2%しかお得になりません。今から教える方法を使えば最大5.3%お得に買い物ができます。

※必要な物
・nanacoカード
・以下どちらかのクレジットカード
1)楽天カード
2)YAHOOカード
3)リクルートカード

①nanacoカードとチャージ用の上記カードを紐づけします。

nanacoカードは最寄りのセブンイレブンで手に入ります。

nanacoカードに記載されているnanaco番号を使って会員メニューにログインしましょう。

nanaco会員メニュー

②上記カードからnanacoカードに1万円チャージ

この時点でクレジットカードポイントが1%-3%貯まります。

③nanacoカードを使ってクオカード1万円分を購入

nanacoでクオカードを買うとポイントは付与されませんが、10,000円分の場合10,180円分使えるクオカードがもらえます。(この時点で+1.8%還元)

④クオカードが使えるお店で買い物。

ファミリーマートかローソンの場合、Tカードかpontaカードを会計時に出せば+0.5%還元)

ファミリーマートやローソンでこの方法を使った場合、楽天カードだと3.3%、リクルートカードだと3.5%、YAHOOカードの3%還元キャンペーンを使えば5.3%まで還元率を高められます。

0.5%還元率が下がりますが、ファミリーマートやローソン以外でもクオカードが使える店すべてで買い物ができます。

クレジットカードの選び方

カード選びはどのポイントを貯めるかによって選択が異なりますので、自分に合ったクレジットカードを選びましょう。

楽天カード→楽天ポイント(楽天市場や楽天トラベルで使える。半減されるがANAマイルにも交換可能)

YAHOOカード→Tポイント(YAHOOサービスやファミリマートなど使える場所が多い。半減されるがANAマイルにも交換可能)

リクルートカード→リクルートポイント(pontaポイントに1:1で交換可能。ローソンや昭和シェルで使える。半減されるがJALマイルにも交換可能)

YAHOOカードは通常還元率1%ですが、時々2-3%還元キャンペーンを行っているため、おすすめはYAHOOカードです。またリクルートカードは常に還元率が1.2%なので、クレジットカードの利用が多い人はリクルートカードの方がポイント貯まりやすいです。審査が不安な方は、5万円から利用枠のある楽天カードがおすすめです。

※リクルートカードを除き楽天カードとYAHOOカードは必ずJCBで発行してください。VISAとマスターカードはnanacoチャージのポイント付与対象外となります。

この記事を書いた専門家

kana
投資家

カテゴリー:お金

マネー情報と旅行が大好きな個人投資家。株に関する情報以外にもクレジットカードやポイント・マイルに関する情報を発信している。

関連記事

↑ ページの先頭へ